もともと薄毛の女性にミューノアージュ育毛剤で髪を太くすることが出来るのか?というとそれは無理かもしれません。

もともと薄毛というよりは髪が細いということが正しいでしょう。

でも、髪の太さや本数は遺伝的なものが強いので、それを育毛剤で太くしようとしても今以上に太くなったり髪の本数が増えるということはないでしょう。

でも、もともと薄毛に見えてしまう女性に大切なのは「これ以上細くしない、減らさない」ということが大切です。

出産や加齢によって女性の髪はどんどん細く、少なくなっていきますからその対策が必要だということです。

女性の薄毛の原因とは

もともと髪が薄くても女性は年齢を重ねるごとに髪がさらに細くなってしまったり少なくなってしまうことがあります。

その原因とは

1 出産による薄毛

出産は女性の体の変化の中でも一大イベントですよね。私も産後は髪が抜けて抜けて怖い思いをしました。でもその後抜けた髪はまた生えてきて戻ったには戻ったのですが、でも髪質が変わってしまいました。

白髪、うねり、髪のダメージ。

私の髪は普通毛だと思うのですが、それでもこれだけ影響しました。
もともと細毛の人だともっとひどくなってしまう恐れがありますよね。その予防が大切です。

2 更年期による薄毛

更年期の時期になると女性ホルモンが徐々に減っていきます。更年期障害は10年くらい続くといわれているのでその間は女性ホルモンはかなりの量減ってしまうらしいです。

女性ホルモンであるエストロゲンは私たち女性の髪の毛に大きく影響します。

ですからこの時期の頭皮ケアは絶対必要なのです。(髪だけじゃなくほかにもアンチエイジングは必要ですが…。)

また、加齢によって頭皮がだんだんとたるんできます。頭皮がたるむと毛穴も歪むので髪質にかなりの影響があります。40代以降の女性って髪の毛が細くうねりがあり、毛先がパサついている人が多いと思いませんか?

それも頭皮たるみが原因です。そして頭皮のたるみはお顔にも影響ししわや目のたるみほうれい線などの原因になります。

これを「雪崩たるみ」と言います。

3 ストレスや運動不足による薄毛

ストレスや運動不足は健康に影響しますが、体が不調だともちろん髪にも影響します。

4 睡眠不足や栄養の偏り、ダイエットによる薄毛

女性に多いダイエットですが、私たち日本人女性のダイエットで一番多いのは食事を抜いたダイエットですよね。でもそれって髪の毛に必要な栄養まで不足させてしまうのでダイエットは成功して体は細くなるけども、同時に髪の毛も細くなってしまうんです。

酷いと極端な抜け毛もあるらしいですよ。

もともと薄毛の女性は髪の毛を今よりも細くさせないことが大事

もともと髪の毛が薄毛の女性は今以上に太くはならないのですが、上記にあるようなことがきっかけで今よりも細く、少なくなるリスクはあります。

そのリスクを回避するために育毛剤などを使って細毛、抜け毛予防をする必要があります。

ちょうど私の使っているミューノアージュ育毛剤は皮膚科医が開発した育毛剤で安心してつかえるのでこれから敏感になる女性の肌にも優しい女性用育毛剤です。

ミューノアージュ育毛剤をもっと詳しく知りたいならこちら

女性のお肌に優しい皮膚科医開発のミューノアージュ育毛剤「Wヘアアプローチ」

<東京ミッドタウン皮膚科医発の育毛剤ミューノアージュ>