妊娠中や授乳中、育毛剤を使うのってちょっと心配ですよね。

でも、ミューノアージュ育毛剤なら安心して使えるでしょう。

なぜならミューノアージュ育毛剤は皮膚科医が開発に携わり、さらに問題のあるとされる添加物を排除し女性用育毛剤の中では一番安全な部類の育毛剤だからです。

さて、妊娠中や授乳中に悩むことと言えば、やはりホルモンバランスの崩れによる抜け毛ですよね。

でも、妊娠中と授乳中の抜け毛の原因は少し違いがあります。

妊娠中と授乳中の抜け毛の違い

妊娠中の抜け毛

妊娠中は出産のために女性ホルモン、プロゲステロンとエストロゲンの両方のホルモンが最大に分泌しており本来抜け毛が出ることはないのです。

でも、稀にですが妊娠中にも抜け毛を伴ってしまう方がいるのも事実です。

妊娠中の抜け毛の原因は主に、妊娠中のストレス、栄養不足があげられます。

妊娠中のストレス

妊娠中のストレスは胎児にも良い影響を与えませんが、ストレスの感じ方は人それぞれです。うまくストレスが発散できない人ほど抜け毛を生じてしまうことがあります。

旦那さんや家族の協力を得ながらうまくストレス発散に努めるようにしましょう。

また、マタニティ専門のスポーツ、例えばヨガとかに参加しストレス発散をするのも良いですね。

妊娠中の栄養不足

妊娠中は胎盤のほうに栄養が回っていくのでそのせいで髪の栄養素が奪われてしまっていることが考えられます。

この抜け毛も極めてまれな例だと思いますが、体重管理をしながら必要な栄養は摂るようにしましょう。

もちろん医師の指導を最優先にしてください。

授乳中の抜け毛

授乳中の抜け毛はいわば産後脱毛症といって多くのママさんが経験する発症例の多い抜け毛です。

通常1年程度では元のように髪は生えてきますが、問題は生えてきた髪の質が変わったり、白髪になったり、髪が細くなったりすることがあります。

このように産後髪質が変わった方は出産経験者の約5割と言われており、多くのママさんがこの髪質の変化に戸惑ってしまいます。

ですから、産後の抜け毛対策は産後の髪質変化、老化対策といっても良いでしょう。

妊娠中、授乳中の女性用育毛剤について

妊娠中や授乳中の女性用育毛剤は頭皮の栄養補給、産後減ってしまった女性ホルモンであるエストロゲンの代用、そしてヘアサイクルの正常化に効果的です。

でも、妊娠中や産後はお肌も敏感になっているので、できるだけ刺激の少ないもの、敏感肌にも安心して使える女性用育毛剤をおすすめします。

それがミューノアージュ育毛剤です。

医師が開発に携わった育毛剤というだけで安心感が違いますよね。

女性のお肌に優しい皮膚科医開発のミューノアージュ育毛剤「Wヘアアプローチ」