女性の男性型脱毛症fagaとは?

男性型脱毛症とは男性ホルモンが大きく関係し薄毛を発症する脱毛症のことを言います。

男性ホルモンのテストステロンが毛乳頭にある5αリダクターゼと結合することでジヒドロテストステロンに変換され、さらに生え際や頭頂部を中心に存在する男性ホルモン受容体と結合することでヘアサイクルが乱れ薄毛に発展します。

この症状は女性にも発症するとされています。それが女性性男性型脱毛症fagaと言われるものです。

しかし、女性の場合男性の薄毛と違い毛根が消失することがないため、薄毛にはなるものの、全く禿げ上がってしまうことがありません。

そのためこの脱毛症の改善が可能なのです。

産後から移行する人も多いって本当?

女性の抜け毛で最初に経験するのがおそらく産後の脱毛症です。産後脱毛症は脱毛を発症してから約1年程度で回復するとされていますが、実は50%近い女性の髪質が元のように戻らないという報告があります。

その原因として産後急激に減ってしまった女性ホルモンが産後の反動で元の量以下に減ってしまったことが考えられます。

そして生え際や頭頂部が薄くなることがあります。

これは産後脱毛症から女性性男性型脱毛症fagaに移行したことが考えられます。

産後1年以上経つのに薄毛が一向に改善されない場合fagaを疑ったほうが良いかもしれません。

加齢による薄毛はびまん性脱毛症よりも女性性男性型脱毛症fagaのほうが多いかも

バックの髪は多いのに生え際や頭頂部が薄い人は要注意。

女性性男性型脱毛症fagaは生え際や頭頂部が主に薄く見えてしまいます。分け目やこめかみの地肌が透けて見えるのはそのためです。

またこの症状の特徴として後頭部の髪が異様に濃く、生え際、頭頂部との毛量の差が歴然とした場合も女性性男性型脱毛症を疑ってみる方が良いでしょう。

ミューノアージュ育毛剤は女性の男性型脱毛症を改善できる?

女性性男性型脱毛症の原因は女性ホルモンが減る影響で女性の中の男性ホルモンの活動が活発になることが原因です。ミューノアージュ育毛剤にはこのような症状に的確に対応する成分が含まれています。

1 女性ホルモン代用成分

女性ホルモンであるエストロゲンは女性の髪に密接に関係します。そのためミューノアージュ育毛剤に含まれるイソフラボンがエストロゲンの代用成分として使うことができます。
イソフラボンは植物性エストロゲンともいわれており、副作用0で安心して使える育毛成分です。

2 成長因子成分

髪の毛は毛根の細胞が活発に活動し髪の毛を成長させます。ミューノアージュ育毛剤に含まれる成長因子オクタペプチド-2は薄毛を発症した毛根に作用し、髪の成長を活発に改善させます。

3 血行促進成分

血行も髪の成長に欠かせないものです。頭部の血管は毛細血管といって非常に細いものです。それは収縮しやすく血行不良を起こしやすいものです。

でも、髪は血液から女性ホルモンや栄養分、酸素などを吸収し成長しますので血行不良は薄毛の原因になります。ミューノアージュ育毛剤にはセンブリエキスやカミツレ花エキスなど天然成分でできた育毛成分が含まれています。これらは細くなった毛細血管を拡張し血流を促し、髪の毛の成長を促進します。

4 保湿成分

女性ホルモンが減ってしまうことでいろいろな分泌物が減るわけですが、そのなかでも頭皮バリアや肌代謝(ターンオーバー)を促進するための保湿成分が不足してしまいます。
ミューノアージュ育毛剤に含まれる保湿成分、ニンジンエキスやカキタンニンなどは女性ホルモンが減って乾燥した髪や頭皮の保湿力を高めます。

特にお肌に悩みが多い人にミューノアージュ育毛剤はおすすめ

また、ミューノアージュ育毛剤はお肌の悩みが尽きない女性にぜひ使ってほしい育毛剤です。皮膚科医の先生が女性の肌の事だけを考えて開発した育毛剤なので、敏感肌や乾燥肌の女性にはとても効率的で効果的な育毛剤だと私は自負しています。

肌が弱いだけで頭皮ケアをあきらめるのはもったいないです。女性の薄毛は男性のものと違って改善が可能なので是非ミューノアージュ育毛剤で頑張ってみましょう。

<東京ミッドタウン皮膚科医発の育毛剤ミューノアージュ>