女性にも若年性脱毛症は起きる

女性にも男性同様若ハゲみたいなものがあるって知ってますか?これを若年性脱毛症と言いますが、女性の場合若年性脱毛症を発症することで頭部全体の髪が細くなり地肌が透けてしまうことがあります。

一般的に女性の若年性脱毛症は幅が広く、通常なら薄毛を発症しない年齢から30代後半までのことを指します。

(この場合、産後脱毛症を省いています。)

また、比較的若い時に産後脱毛症を経験しその後思ったよりも髪が元の状態にならない時は若年性脱毛症に移行してしまっている恐れがあります。

女性の若年性脱毛症は何歳まで?

女性の場合薄毛を発症する可能性が高いのが30代後半からです。それまでも出産などで一時的な抜け毛を経験する人も多いですが、慢性的な薄毛はこの年代から多いと思っていただいたほうが良いでしょう。

薄毛といっても症状の出方は様々ですが、まず先に髪質の変化に気づくと思います。

例えば髪の毛がダメージしやすい、常に乾燥しているなどから、次第に髪にうねりが出てきた、髪が細くなってきたという症状の出方をします。

若年性脱毛症にもこのような症状が出てしまうケースが多いです。

若年性脱毛症の原因は?

若い女性が発症する若年性脱毛症には次のような薄毛が当てはまります。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は女性ホルモンの減少によって頭部全体の髪が細くなり薄毛に見えてしまうものです。若い人の髪の毛は通常0.6から0.9mmくらいあるとされていますが、これが極端に細くなり地肌が透けて見えるようになるものがびまん性脱毛症の特徴です。

詳しくはこちらでご紹介しています。

ミューノアージュ育毛剤で女性のびまん性脱毛症は改善できる?

女性性男性型脱毛症

女性性男性型脱毛症も女性ホルモンの減少が原因ですが、びまん性脱毛症と違うところは女性ホルモンが減少することで女性の中の男性ホルモンの活動が活発になってしまい、女性も男性のように生え際や頭頂部が薄くなってしまうものを言います。

これをfagaとも呼びます。fagaについて詳しくはこちらをご参照ください。

ミューノアージュ育毛剤で女性の男性型脱毛症fagaは改善できる?

肌の敏感な人にも

後は肌の敏感な人や乾燥肌の人も薄毛を発症しやすいです。特に自分の頭皮に合ってないシャンプー剤を使ったり頭皮のケア商品を使うとその刺激が強すぎて薄毛を発症してしまうことがあります。

ミューノアージュ育毛剤が女性の若年性脱毛症に良い理由

若い女性ほどお肌が敏感な部分もあるので、もし薄毛や抜け毛が気になるのでしたら、皮膚科医が開発したミューノアージュ育毛剤が安心です。

その理由は次の通りです。

1 無添加

防腐剤やキレート剤など育毛剤を作るうえで必ず必要になる成分の6つが無添加です。そのため肌への刺激が非常に弱いです。

2 皮膚科医が開発しているから安心

女性の肌のことを考えて作られているので、安心できます。ちなみにこの皮膚科医さんも女性です。なので女性の頭皮のことがよくわかるのです。

3 本格的な薄毛にも効く

医者がつくっているのでとうぜんそこら辺の育毛剤より効果は高いです。ある程度薄毛が進行していても安心して使えます。

まとめ

女性の若年性脱毛症の悩みは現在非常に増えているそうです。ある育毛クリニックの統計によると1年の間に女性の薄毛による悩み相談を数万件受けるそうです。

そしてこのクリニックのもう一つの統計に女性の薄毛は日本国内で600万人にも増えているそうです。

昔から女性も薄毛に悩んでいたと思いますが現在は積極的にそれを改善していこうという動きがあるため、統計も年を追うごとに増えていっているのです。

そうはいっても、薄毛の相談で育毛クリニックやサロンに行くというのは敷居が高いと思います(コスト面やメンタル面、時間面でも)そのため自宅で皮膚科医の作ったミューノアージュ育毛剤はかなりお手頃で使ってもらえると思います。

<東京ミッドタウン皮膚科医発の育毛剤ミューノアージュ>詳細はこちら