70%以上の女性が自分の肌質に悩んでいるとされていますが、特に多いのは敏感肌です。

お顔の肌と頭皮は一枚肌です。

肌が敏感ということは例外なく頭皮も敏感肌です。

そして敏感な頭皮は薄毛を発症しやすいのです。

なぜ敏感な頭皮は薄毛を発症しやすいのかというと…

敏感肌な頭皮とは?

1 肌バリアが弱い

敏感肌になるのは生まれつきの人もいれば、そうでない人も多いです。どちらかというと若い時はなんでもなかったのに年齢を重ねるごとに肌が弱くなったという人のほうが多いのではないでしょうか?

敏感肌になるということは頭皮を守る肌バリア機能が低下しているからです。

その影響で肌が刺激を受けやすいのです。

2 頭皮が乾燥

肌バリア機能には保湿力が関係します。特に皮脂や汗は大切な頭皮バリアの源となります。

しかし、敏感肌の女性の頭皮は皮脂や汗の分泌量が極めて低いです。

そのため乾燥しやすく肌バリア機能も弱いです。

3 ターンオーバーが遅れている

肌代謝が遅れることもしばしば、特に加齢とともにこの肌代謝の期間は伸びていきます。肌代謝(ターンオーバー)を若い頃と同じような周期にするためには体の基礎代謝を向上させなければいけません。

それには運動や生活習慣の見直しが必要です。

敏感肌の原因とは?

上記にあるような肌質になるには次のようなことが原因だとされています。

1 間違った頭皮ケア

私は美容師ですが意外にも皆さん自分の肌に合ったシャンプーというのを使ってないですね。まあ、テレビcmでよさそうな演出がされているから安くても良いものなんだと勘違いするのはわかるのですが、こういった安価なシャンプーやトリートメントは薄毛の原因とされているんですよ。

これは皮膚科教授の本にも書かれているので間違いありません。特に気になるのは界面活性剤や防腐剤ですね。

〇 シャンプーが肌に合ってない

〇 シャンプーの仕方が間違っている

2 生活習慣

薄毛ってはっきり言って生活習慣病の側面があります。当然敏感肌の人もそういったものが原因で肌質が変わってしまいます。
これを完全に改善すれば当然敏感肌は解消されるでしょう。でもできない人がほとんどです。なぜなら時間が無いからです。

〇 偏った栄養バランス

〇 睡眠時間

〇 運動不足

〇 ストレス

3 ホルモンバランス

ホルモンバランス。女性ならいつかこのバランスを崩します。例えばストレスによって自律神経のバランスが崩れることで女性ホルモンの分泌量が減ってしまう。

産後に急激な女性ホルモンの減少がある、更年期に女性ホルモンが減っていく。

女性ホルモンは頭皮や髪の毛に大きく影響します。エストロゲンは女性らしい潤かな頭皮と髪をつくり、プロゲステロンは女性の肌バリアの役割をします。

〇 加齢

〇 妊娠、産後

4 体質

そして最後に体質ですが、もともと敏感肌症というものがあります。こればかりは病院で治療するしかないですね。

〇 元々アレルギー

〇 アトピー

ミューノアージュ育毛剤がなぜ敏感肌に良いのか?

ミューノアージュ育毛剤がなぜ敏感肌の女性に良いのかというと、敏感肌で薄毛を発症している人の特徴をまとめると、

1 頭皮に潤いがない

2 肌バリアが弱いのですぐ刺激を受け添加物(科学化合物)に弱い

3 女性ホルモンが減っている

つまり、ミューノアージュはこれらの原因に対して処方されているのです。

1 頭皮に潤いがない

これにはヒアルロン酸やコラーゲンなどの天然保湿成分で頭皮の乾燥を補います。

また、ミューノアージュは1剤と2剤に分かれており頭皮の潤いつまり髪の毛の成長しやすい土台をつくるのに適しているのが1剤のほうです。

2 6つの成分で無添加

着色料、香料、防腐剤など通常なら添加物を使うところをミューノアージュ育毛剤は無添加につくられています。これって、皮膚科医ならではの配合でないと難しいと思うんですよ。

皮膚科医は肌のプロですからね。

3 女性ホルモンが減っている

女性ホルモンが減るのは仕方のないことです。髪の毛に影響する女性ホルモンは髪の毛乳頭で活動します。つまり育毛剤で直接毛根に女性ホルモンの代用成分を吸収させたほうが効果が高いのです。

【まとめ】ミューノアージュがやっぱり敏感肌に良い!

そのほかにもミューノアージュは天然成分を帆風に含んでおり、肌への刺激もほぼありません。

生活習慣や頭皮ケアを見直すことも必要ですが、それをやるにはミューノアージュ育毛剤を使うよりもコストがかかってしまいます。そして時間もかかります。

そう考えるなら早く結果が得られるミューノアージュ育毛剤がいいのです。

<東京ミッドタウン皮膚科医発の育毛剤ミューノアージュ>詳細はこちら