ミューノアージュ育毛剤に重大な副作用を伴う成分は含まれていません。

というのもミューノアージュ育毛剤は医薬部外品だからです。もし重大な副作用を伴いそうな成分が含まれるときは医薬品指定されています。

では、どのような育毛剤に副作用があるのかというと、

副作用のある医薬育毛剤

プロペシア(フィナステリド)

プロペシアは男性の薄毛、男性型脱毛症(aga)の治療薬です。男性ホルモンの作用を抑えることで抜け毛を阻止しますが、もともと男性の前立腺肥大症のお薬にフィナステリドという成分が使われていました。

そのお薬を服用した患者さんから発毛が見られたことで育毛剤として使われるようになりました。

でも、プロペシアは男性用の飲むタイプの育毛剤で女性の使用はできません。

というのも女性の薄毛と男性の薄毛は根本的に違うので使う必要もありません。

もし、このプロペシアを使ってしまうと女性のホルモンバランスを崩したり、もし妊娠でもしていたらその子の性機能障害などの影響が出てしまいます。

なので、女性は使わないようにしましょうね。

リアップ(ミノキシジル)

日本でミノキシジル成分が使われている育毛剤はリアップなどですが、リアップには女性用もあります。

では、ミノキシジルとはどのような成分なのかというと、もともと降圧剤のお薬に含まれていた成分がミノキシジルでこの成分は血管を拡張する作用があります。

これも、服用していた患者さんに発毛が見られ育毛剤として使われるようになりました。

日本では塗るタイプのミノキシジルしかありませんが、海外では飲むタイプのミノキシジルタブレットも販売されています。

ミノキシジルの副作用と言えば多毛症や動悸や血管拡張による低血圧症などがあります。

女性用のリアップはミノキシジル配合量が1%と控えめに作られていますが、それでも副作用は0ではないので、安全な育毛をしたいのなら避けたほうが良いでしょう。

特に女性に多い副作用では多毛症や低血圧症(貧血)などが懸念されますよね。多毛症は髪の毛が濃くなればいいのですが、体毛そのものが濃くなるのであまりお勧めできません。

ミューノアージュの副作用

冒頭でミューノアージュ育毛剤には重大な副作用はないと言いました。でも、肌トラブルやアレルギーなどのリスクは0ではありません。

アレルギーなどは個々に違うので自分の持っているアレルギー成分が含まれていないかというのは確認する必要があります。

そうはいっても私はこれまでいろいろな女性用育毛剤を試してきましたが、ミューノアージュ育毛剤は皮膚科医さんが開発に携わっているので今までのどの育毛剤よりも安全かなと思っています。

というのも、無添加にしている成分がどの育毛剤よりもミューノアージュ育毛剤は多いのです。

ミューノアージュ育毛剤6つの無添加

1 無香料

2 無着色

3 アルコール

4 無鉱物油

5 石油系界面活性剤不使用

6 防腐剤(パラベン)

これらの成分って必ずどれか含まれているものですが、ここまで無添加にこだわっているのもすごいと思います。

また、無添加なのでカラー後にミューノアージュ育毛剤を使っても色落ちしません。

特にヘアマニキュアや白髪染めの色落ちが無いのは女性にとってうれしいですよね。

ということでミューノアージュ育毛剤の副作用についてまとめると、

1 医薬品のような重大な副作用はない

2 アレルギーなどは個々による

3 皮膚科医開発、6つの無添加で安全性がどの育毛剤よりも高い

ということでした。

女性のお肌に優しい皮膚科医開発のミューノアージュ育毛剤「Wヘアアプローチ」詳細はこちら